江戸っ子の心意気で打ち上げたそば

「やぶそば」といえば、江戸のそば屋の代名詞。そば粉は、その日の必要量だけ、石臼でゆっくりそば粉を挽きます。そばつゆには、厚削りの本カツオ節と昆布をたっぷり使い、薬味は香り高い本ワサビとさらしネギを使うなど、隅々にまで心を配ったそばだからこそ、「江戸っ子の味と心の代表料理」と、胸を張って言えます。