あっさりとしてコクがある

昭和34年に開店した「名古屋柳橋の江南」は、既に半世紀以上の歴史を刻んでいます。長い間、名古屋のラーメンファンに愛され続けるそのスープの特徴は、鶏ガラと豚骨を弱火で長時間煮込んだ“あっさりとしてコクがある”スープです。細めんとの相性もピッタリ。もうひとつの名物は薄皮のひとくち餃子で、豚肉に野菜、さらにニンニク、ショウガがたっぷりはいって、とてもヘルシーで女性にも人気の一品。又、餃子本来の旨みを生かすために、鉄鍋で一人前ずつ丁寧に焼いてお出ししています。何度食べてもまったく飽きず、何度でも行きたくなる、「江南」のラーメンと餃子は黄金の組み合わせです。